体調と包茎の関係

体調と包茎の関係

仮性包茎の場合、寒い時は縮こまって包まれることが多くなると
思います。
そうでなくても極度の緊張を感じた時も同じようになるという経験を
した人も少なくないでしょう。
そんな時は、いつも以上に包茎治療とか包茎手術が必要なのかなあと
思ったりします。

 

包茎というのは、結構気候などに影響されるものなのですが、
体調にも影響されます。

 

例えば、風邪などで熱が出た時、まあ元気になるよりは、
縮こまることが多くなると思います。
さらに、熱がある時は、あまりお風呂に入らない方がいいという場合も
あるので、そういう場合はいつも以上に包茎の状態が気になるものです。

 

そういうことを考えると、年をとって介護などとなる時にむけて
包茎治療とか包茎手術をしておこうかなと思う人も少なくないかも
しれません。

 

体調が悪かったり、それでしばらくお風呂に入れないと、どうしても
不衛生になってくるものです。
それでもきちんを体をふいて清潔にしておけばいいのですが、
それさえ出来ないほどしんどい場合は、どうしても不衛生になって
しまいますからね。