FXと税金の深い関係

税金の優遇について

FXの取引の形態には、「取引所取引」と「相対取引(=非取引所取引)」の2種類があります。

 

簡単に言うと、「取引所取引」とは、公設市場を通して、取引をすることを言い、取引の相手は公設市場で、取引業者は、取引の仲介をする形態になります。

 

もう一方の「相対取引(=非取引所取引)」とは、公設市場を通さずに、取引をすることを言います。つまり、取引は、直接取引業者と行う形態になります。

 

取引所取引の場合、"税金の優遇"、"資産の安全管理"、"損失の繰越控除"、“情報の透明性”などの利点があります。

 

FXでの収支にも所得税などの税金が関わってきます。

 

これらの税金に関しては、基本的に自分で確定申告を行う必要があります。

 

上場企業で取引を行うことで、申告分離課税の適用を受けられ、税率も一律20%(所得税15%、住民税5%)となります。

 

この税率は、FXでの利益がいくらであっても増えることはありません。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  •